破格の値段!風俗店の実態

彼女、独特の魅力がありました

彼女をホームページで見た時、物凄くそそられた訳じゃないんです。正直に言えば、そこまで好みではないというか(笑)でも、それで逆に気になったんですよ。プロフを見る限りでは性格は合うかもしれないとは思ったんですけど、外見に関してはそこまで興味を持てなかったんですよね。だから悩みました。風俗は外見だけで選ぶわけではないってことは自分でも良く分かっていますけど、かといって決して何も考えないって訳でもないですよね。それだけに、どうしようかなって本気で迷ったんですけど、とりあえず彼女にしてみました。でも、結果から言えば彼女にして大正解でしたね。外見はそこまで好みではなかったとはいえ、彼女の献身的なプレイはかなり良かったです。だからかなり独特の魅力のある風俗嬢だなとも思いました。それに、決して不細工って言っている訳ではないので、見慣れてくると独特の色気があるなって思うようにもなってきたので、それなりに満足出来ましたよ。

現実を考えているからこそ

自分自身、現実を考えるとやっぱり風俗の存在はとても貴重なものだなってことに気付かされるんですよね。あれだけ貴重なものは他に無いんじゃないのかなとさえ思っているのは、まずは自分がそこまでモテる訳ではないのもありますし、男の職場なので日常生活の中に女性という存在そのものがないんです。つまり、女性の存在が遠いのもありますので、抜いてもらいたいという気持ち以前に、接したいという初歩の初歩の気持ちになることもあるんですよ。当たり前のように女性もいる職場であればそんなことは気にならないというか、また違った思いになると思うんですけど、日常生活の中で女性と接することそのものが無い自分にとっては、風俗で女の子と同じ空間で同じ空気を吸えるというだけでもとても貴重だなって思えるんですよ。それだけに、風俗で遊ぶ時には自分自身、かなり気合を入れて楽しもうって思っているんですけど、毎回その思いに応えてくれるかのように女の子が凄いんです。